カテゴリー別アーカイブ: バストアップ

プエラリアに胸を大きくする効果はあるのか?

バストアップについて調べていると、多くの方はプエラリアというキーワードにたどり着きます。現在発売されている多くのバストアップサプリの主成分として使われていますが、そもそもこのプエラリアとは何かご存知でしょうか?

このプエラリアは主にタイ北部やミャンマーで栽培される植物で、その大きな特徴としては植物性エストロゲン・イソフラボンが含まれていることです。実はこの植物性エストロゲン・イソフラボンがバストアップに効果が期待できる一番の理由なのですが、実はこれは女性ホルモンに非常に近い働きをします。

そのため女性ホルモンのバランスが乱れ、結果的にバストが小さくなっている女性には大きな効果が期待できるのです。

しかし、プエラリアに関してはバストアップと同時に副作用も注意しなければなりません。プエラリアは大豆に比べ約40倍のイソフラボンが含まれていますが、過剰摂取による健康被害もいくつか想定されるからです。日本の症例で言えば肝硬変とC型肝炎に罹っていた患者がプエラリアを大量に自己判断で摂取した所、急死したとのショッキングな事件もありました。

現在販売されているバストアップサプリのほとんどは適量を守ればこのようなリスクもなく、安全にプエラリアの効果を期待出来ますが、自己判断で大量に摂取してしまうと取り返しのつかない事態になる恐れもあります。さらには現在服用中の薬との飲み合わせや治療中の病気との関係によっては思わぬ副作用が生じる恐れもあるので、必ず医師に相談のもと使用許可をもらって下さい。

このようにやや恐ろしいような副作用を記載しましたが、基本的には大手サプリメントメーカーなどでも主成分として使用されるほど高い効果が期待出来るものです。さらには経口摂取のみではなく、クリームなどもバストアップアイテムとして販売されているので、無理の無い程度に利用すると、思わぬ効果が期待できます。

もしバストサイズにお悩みの方はぜひ一度これらのアイテムを試してみてください。

バストアップに大切なのもやっぱり血行

バストアップがしたいなと思っている女性は多いと思います。

自分と同じくらいの背格好で、スリムなのにバストは大きくて上向きできれいだという女性が周囲に何人かいるのではないでしょうか。
稀に、女性姉妹や母親がスリムでバストも大きいのに、自分だけは貧乳に悩んでいるという人もいると思います。

遺伝だけでは片づけられないこのバストサイズの差は、「血行」にも大きな原因がありそうです。

周囲のスリムでバストが大きくてきれいな知人を思い出してみてください。肌艶や血色がよく、ストレスがあまりたまっていない印象の女性ではないでしょうか。

体の調子の原因のほとんどは血行がよいかどうかにかかわってきます。肩がこるのも血行が滞っているからですし、腰が重く感じるのも病気でない限り、血行が悪い時に起こります。

なのでマッサージをして、凝りをほぐし、血行を良くすると、すっきりします。

バストをマッサージして血行をよくする

バストも同じです。

バストまわりの筋肉が凝っていたり、リンパが滞っていると、血流が悪くなります。バストは血流が良くなると大きくなります。

なぜならバストの中には、たくさんの毛細血管がはりめぐらされています。

母乳が出るのもその毛細血管の一部が変化した乳腺のおかげです。
一度バストまわりが硬くなっていないか確認してみてください。

もしかたくなっていたら、優しくマッサージをして凝りをまずほぐすといいでしょう。
乳液などを使って、なめらかにマッサージしましょう。

またバストからわきの周囲はリンパが集まる場所なので、そのリンパを流すことで全身の調子もよくなるという相乗効果も期待できます。
ちなみにリンパが集まる場所は、「首筋」「わき」「股間節」です。

全身のリンパを流すことで、よりバストアップの効果も良くなり、健康にもなると思います。

女性ホルモンを刺激します

また乳首には女性ホルモンを刺激する神経が集中しているという説があります。

優しくでいいので、軽くつまんで、前後左右に動かしたり、軽く回したりすると、女性ホルモンが刺激されてバストアップできるかもしれません。
お風呂に入った時などに行いましょう。

バストアップにはタンパク質が欠かせない

バストアップをするには体の内側から整えることが大切です。体の調子が悪いと女性ホルモンの分泌が悪くなるのでバストアップは難しいです。

食べ物からしっかり栄養を摂って体を整えることで女性ホルモンの分泌がよくなりバストアップに効果的です。

では、どんな食べ物がよいのでしょうか。

タンパク質

タンパク質は細胞やホルモンの原料になる栄養素です。不足すると細胞の合成や修復が滞って、乾燥やたるみなどの肌トラブルにつながります。胸の細胞を作るのにも必要です。

女性ホルモンはタンパク質やコレステロールから作られるので、タンパク質摂取が重要です。
ダイエット中の女性はタンパク質が不足しがちです。食事制限をしている方は、サラダとコーヒー、菓子パンといった食事をしています。このような食事では女性ホルモンの分泌が低下します。

野菜はビタミンとミネラルが豊富で体によいですが、タンパク質は少ないです。菓子パンやパスタなどは糖質がほとんどです。意識してタンパク質を摂る必要があります。

多く含まれる食品

タンパク質は肉・魚・卵・乳製品・大豆などに多く含まれています。

脂が多い肉はカロリーが高いので、カロリーが気になるときは脂肪分が少ないささみなどがおすすめです。
魚には良質な油のDHAとEPAが含まれています。DHAとEPAは細胞膜の減量になってツヤツヤな肌を作ります。バストアップが期待できるだけでなく、しっとりきれいな胸になります。

大豆は畑の肉ともいわれていて、植物性食品の中ではタンパク質含有量が多いです。納豆、豆腐、ゆば、豆乳などいろいろな大豆製品があり、レシピが豊富で、食事に取り入れやすいです。

どれくらい食べるといいのか

バストアップをするなら、毎食タンパク質を摂りましょう。朝はお腹が空きにくいと思うので、消化に良い大豆製品やヨーグルトがおすすめです。

昼はパスタやおにぎりなど単品メニューになりがちです。魚焼き定食など定食ならタンパク質を補えます。夜はささみや白身魚などにして油っぽいものを控えます。