バストアップに大切なのもやっぱり血行

バストアップがしたいなと思っている女性は多いと思います。

自分と同じくらいの背格好で、スリムなのにバストは大きくて上向きできれいだという女性が周囲に何人かいるのではないでしょうか。
稀に、女性姉妹や母親がスリムでバストも大きいのに、自分だけは貧乳に悩んでいるという人もいると思います。

遺伝だけでは片づけられないこのバストサイズの差は、「血行」にも大きな原因がありそうです。

周囲のスリムでバストが大きくてきれいな知人を思い出してみてください。肌艶や血色がよく、ストレスがあまりたまっていない印象の女性ではないでしょうか。

体の調子の原因のほとんどは血行がよいかどうかにかかわってきます。肩がこるのも血行が滞っているからですし、腰が重く感じるのも病気でない限り、血行が悪い時に起こります。

なのでマッサージをして、凝りをほぐし、血行を良くすると、すっきりします。

バストをマッサージして血行をよくする

バストも同じです。

バストまわりの筋肉が凝っていたり、リンパが滞っていると、血流が悪くなります。バストは血流が良くなると大きくなります。

なぜならバストの中には、たくさんの毛細血管がはりめぐらされています。

母乳が出るのもその毛細血管の一部が変化した乳腺のおかげです。
一度バストまわりが硬くなっていないか確認してみてください。

もしかたくなっていたら、優しくマッサージをして凝りをまずほぐすといいでしょう。
乳液などを使って、なめらかにマッサージしましょう。

またバストからわきの周囲はリンパが集まる場所なので、そのリンパを流すことで全身の調子もよくなるという相乗効果も期待できます。
ちなみにリンパが集まる場所は、「首筋」「わき」「股間節」です。

全身のリンパを流すことで、よりバストアップの効果も良くなり、健康にもなると思います。

女性ホルモンを刺激します

また乳首には女性ホルモンを刺激する神経が集中しているという説があります。

優しくでいいので、軽くつまんで、前後左右に動かしたり、軽く回したりすると、女性ホルモンが刺激されてバストアップできるかもしれません。
お風呂に入った時などに行いましょう。

効率の良く痩せる酸素ダイエット

最近酸素ダイエットという言葉を良く耳にしませんか?そもそも酸素というものは人間が生きていく上で不可欠な要素ですが、それがダイエットとどのような関係があるのでしょうか?

実は、この酸素が人体に及ぼす作用を上手に活用することで効率よく、余り苦しい思いをしないで痩せることができるのです。では、そもそも酸素ダイエットとは何なのでしょうか?

まずダイエットとは何でしょうか?体重が減れば良いというわけではありませんね。以下にして無駄な脂肪を落としていくかが目的で、大切な筋肉や骨まで無くなってしまっては意味がありません。つまりダイエットとは脂肪を燃焼させるということです。

新鮮な酸素を体内に取り入れますと、細胞や内臓といった人体の期間が活発になります。そして、新陳代謝が活発になります。結果として脂肪が燃焼され、ダイエットできるというわけです。

酸素ダイエットはあくまで新陳代謝が活発になるプロセスで生じる副産物のようなものです。

酸素ダイエットのメリットとは?

 

新鮮な酸素を体内に取り入れることのメリットとしては様々なものがあります。睡眠の質の向上、疲労回復、美肌促進、腰痛や肩こりの改善、生活習慣病とメタ簿リックシンドロームの予防と改善などです。

また、体内で脂肪が活発に燃焼しますから冷え性の対策になり、女性には特にありがたい効果がありますね。
また、呼吸の方法を腹式呼吸に変えることで酸素を体内に取り入れることができるため、どこでも行うことができるという点が挙げられます。

効果的な酸素の取り入れ方は?

 

上に挙げたようにまず腹式呼吸を行うことができます。また、酸素カプセルを使用することもできます。

空気中の酸素は結合型酸素というもので、このカプセル内の酸素は人為的により細かい酸素に作り出されていて、毛細血管をとおりぬけ、普通に呼吸しているだけでは十分に入り込めない領域にまで十分に酸素が入っていくことができます。

その結果大幅に酸素の吸入による新陳代謝を促すことが可能となります。

まずは呼吸の改善から

 

最近注目されている酸素ダイエットですが、カプセルなどの使用に抵抗を感じるのであれば、まず呼吸の仕方から工夫してみてください。

小さな一歩を踏み出すだけで、大きな効果を期待することができます。

私が飲んでいる酵素ドリンク

私が現在、ハマっている酵素ドリンクを一つ紹介します。

味がスポーツドリンクみたいで甘すぎずすっぱすぎずで飲みやすいのが特徴です。モーニング娘の市井紗耶香さんがイメージキャラクターを務めている優光泉(ゆうこうせん)というドリンクです。

酵素ドリンクには珍しく添加物不使用なので妊婦さんや高齢者の方でも安心してお飲みいただけます。

私は妊娠していませんが、お腹は妊婦さんみたいです(コラッ

よろしかったら公式サイトもご覧になってみてくださいね。

優光泉

バストアップにはタンパク質が欠かせない

バストアップをするには体の内側から整えることが大切です。体の調子が悪いと女性ホルモンの分泌が悪くなるのでバストアップは難しいです。

食べ物からしっかり栄養を摂って体を整えることで女性ホルモンの分泌がよくなりバストアップに効果的です。

では、どんな食べ物がよいのでしょうか。

タンパク質

タンパク質は細胞やホルモンの原料になる栄養素です。不足すると細胞の合成や修復が滞って、乾燥やたるみなどの肌トラブルにつながります。胸の細胞を作るのにも必要です。

女性ホルモンはタンパク質やコレステロールから作られるので、タンパク質摂取が重要です。
ダイエット中の女性はタンパク質が不足しがちです。食事制限をしている方は、サラダとコーヒー、菓子パンといった食事をしています。このような食事では女性ホルモンの分泌が低下します。

野菜はビタミンとミネラルが豊富で体によいですが、タンパク質は少ないです。菓子パンやパスタなどは糖質がほとんどです。意識してタンパク質を摂る必要があります。

多く含まれる食品

タンパク質は肉・魚・卵・乳製品・大豆などに多く含まれています。

脂が多い肉はカロリーが高いので、カロリーが気になるときは脂肪分が少ないささみなどがおすすめです。
魚には良質な油のDHAとEPAが含まれています。DHAとEPAは細胞膜の減量になってツヤツヤな肌を作ります。バストアップが期待できるだけでなく、しっとりきれいな胸になります。

大豆は畑の肉ともいわれていて、植物性食品の中ではタンパク質含有量が多いです。納豆、豆腐、ゆば、豆乳などいろいろな大豆製品があり、レシピが豊富で、食事に取り入れやすいです。

どれくらい食べるといいのか

バストアップをするなら、毎食タンパク質を摂りましょう。朝はお腹が空きにくいと思うので、消化に良い大豆製品やヨーグルトがおすすめです。

昼はパスタやおにぎりなど単品メニューになりがちです。魚焼き定食など定食ならタンパク質を補えます。夜はささみや白身魚などにして油っぽいものを控えます。

短期間で痩せるには食事制限が必須

ダイエットをして細い体を手に入れるということは誰にとっても魅力的な事です。しかし、それは簡単ではないのです。

実際にダイエットをしてみると、そう簡単に体重が減らないことが分かります。やるべきことは食事制限です。

実際に私自身が食事制限をした時の話ですが、肉を食べないようにしたら1ヶ月で6キロ位痩せることが出来ました。

6キロといえば水に換算すると6リットルでありますから、かなりの体積になります。脂肪が大きく減ったことで痩せてしまったのです。

しかし、それと同時に体力も大幅に減ってしまいました。無理なダイエットをするとこのようになってしまいます。

どのような事にでも言えることですが、短期間に成果を出そうとすると上手くいかない事が多いのです。無理をして食事制限をしたらすぐに体重を減らすことは出来たのですが、それによって起こる代償が大きすぎたのです。

あせらずにコツコツと走ったり、野菜を食べたりしながら健康的に痩せるのが一番なのかもしれません。

無理をした体を壊してしまったら意味がないのです。本来ダイエットとは健康になるために行うのですから、それで体を悪くしてしまったら意味が無いですよね。
肉を食べないダイエットをするならば不足しているタンパク質を補うことが重要です。

そして、そのために大豆製品を摂取するのです。豆腐や納豆をしっかり食べて健康を維持していける事が重要です。その結果としてダイエットが成功するのです。